Cat-World's BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

さよなら、クロ。

『さよなら、クロ』 2003年 日本

監督 松岡錠司
出演 妻夫木聡
    伊藤歩
    新井浩文




ネタバレ注意!!

良かった、とにかく良かったです!!
何が良かったか、、、まずは犬のクロの演技。可愛いし、切ないし、暖かさが分かる。もうこの映画の立役者はクロしかいません!!
クロを飼っていた女の子は引っ越す為に仕方なくクロを置いたまま去っていきます。クロが家に帰ってみると家族の姿がない。家の中や周りを一生懸命探すクロの姿に涙、涙。
そして野良犬になったクロに食べ物をあげるのが妻夫木聡演じる亮介。クロは亮介の学校について行ってしまいます。亮介のクラスの人々はやさしくて、「クロが学校にいてもいいじゃないか!!」という事になります。なんて素晴らしい学校なんだっ。
クロは用務員のおじさんにご飯をもらって寝場所をもらい学校に住み着く事になりました。
そして亮介、雪子(伊藤歩)、孝二(新井浩文)の恋愛三角関係。孝二は積極的に雪子に迫るけど、亮介は奥手でなかなか自分の気持ちを打ち明ける事は出来ない。そして雪子に告白した後に孝二はバイクの事故で亡くなってしまう。お互いに好きあっている亮介と雪子はお互いの気持ちに蓋をしたまま卒業を迎える事になる。ここはまるで懐かしい「タッチ」の上杉達也・和也と朝倉南を見ているよう。
そして何年も経ち、時代は亮介達の後輩の時代に移っていく。
そこに獣医になった亮介が友人の結婚式に戻ってくる。そして懐かしいクロを訪ね、クロの様子がおかしい事に気づく。クロは病気になっていたのだ。
亮介の後輩達がクロ募金を募り、クロは無事に手術に成功する。しかし少しして老衰もありこの世から去っていくのである。
最後は盛大にクロのお葬式をあげる学校。なんといっても職員名簿にまでクロの名前は載っていたのだ。お葬式をして当たり前!!
そして亮介と雪子はお互いの気持ちに正直になりました♪めでたし、めでたしっ。
本当にほのぼのとして、心がじんわりと暖かくなる良い映画でした。近年の映画は迫力ばかりがあって、それはそれでいいけど、たまにはこんな心に染み入る映画をみなくちゃいけないなって思わされました。

余談ですが、妻夫木聡の大人になってからの髪型が劇団ひとりの髪型にそっくりだったのが、ちょびっと笑えた。



こちらもよろしく♪我が家の猫も登場!
http://catworld.fc2web.com


スポンサーサイト
  1. 2005/01/17(月) 15:06:12|
  2. 映画|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:2

nana

12 | 2005/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。