Cat-World's BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海猿 limit of love

映画「海猿 limit of love」を見てきました。

最初の映画、次にドラマ、そしてこの映画へと話が続き、全部見ている私ですが、今回の映画もなかなか良かったです。
古い話だけど、「タイタニック」を観た時も「船に乗っちゃいけね~」なんて思いましたが、今回も「フェリーに乗っちゃいけね~」と思っちゃいました。
話の展開もテンポが良くて飽きないんだけど、全作通じて思うんだけど、加藤あいとの恋愛部分があまり必要ないような??
今回の映画のサブタイトルから想像すると伊藤英明と加藤あいの恋愛にどんな大変な事が起きるのか!!と思いますが、そんな事よりも仲間との信頼関係のストーリーの方が際立っているのでは?と思います。

最近の日本映画は頑張ってますね~。
なかなか良かった映画でした。

次は「日本沈没」観たいな~。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/14(水) 09:06:15|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

私も科学捜査班??

ルミノール反応と聞いてピンと来る方はテレビ好きな方かな?
「CSI」や二時間ドラマなんかで血液反応を見る時に使ってますねぇ。

そして、ひょんな事からこのルミノール反応を試せるチャンスに出会いました。
実験は真っ暗な中で行われ、血液と同じ成分の液体を筆に染み込ませ半紙に絵を描く。
その後にルミノールを半紙に噴霧。
あぁぁぁら、絵が浮かびあがってくる。
真っ暗な中に私の書いた猫の絵がぼんやりと輝いております!!

気分だけ科学捜査班の一員になった私。すっごく満足!!
  1. 2006/04/29(土) 10:52:37|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「バリでの出来事」。

TBSで深夜に放送していた「バリでの出来事」。
以前、放送していた時に一話だけ見て挫折したドラマだったけど、人気があるという話を聞いて今回は再チャレンジ。

もともとハ・ジウォン好きな私だったのに最初に見た時には彼女だと気づかなかった!!
そして見始めると、、、、「うぉぉ、気になるぅぅ」っていう気分の時と、「んんんん、中だるみぃぃ」ってな感じで見続けるのも微妙な感じだったけど、「結局、スジョンはどっちとくっつくのか?」という気持ちだけで見続けた。
金持ちのジェミンと貧乏努力家のイヌク。
徐々にジェミンのボロボロになってもスジョンが好きだと泣き苦しむ姿に感動。頑張れ、ジェミン!!

で、最終回。
いやぁ、驚きました。あんな結末とは。。
スジョンに出会わなければ、皆あんな結果にはならなかったのでは??
スジョンって悪い女って感じ??
ただ自分の幸せを願っただけの女性なのかもしれないけど、あんな結果になるとは。。

日本で見る韓国ドラマの中では異例な感じの終わり方だったなぁ。
ちょっと衝撃を受けたドラマでした。
  1. 2006/04/05(水) 09:34:23|
  2. TV|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニンテンドーDS Lite

昨日は某スーパーで行われたニンテンドーDS Liteの抽選会に行ってきました。
台数50台限定。集まった数800人超え!!
10時15分までに並んだ人に抽選券をくれ、その後抽選という運び。
抽選時間まではスーパーでお買い物っていうのがスーパー側の策略ですので広告の品のコーヒーを買い、朝食兼昼食のパンを購入。
少し遅れて抽選会場に行くと凄い人の数で当選番号が貼りだされている紙が見えない!!それに地道に番号札を引いて当選番号を発表しているスーパーの店員さん。これではかなりの時間がかかっても結果がはっきりしない、、、という事で車の中でパンを食べ、それでも発表が終わってないのでスーパーをぶらぶら。
時間を潰して抽選会場に行ってみるとたくさんの人が散っているのが見える。
あぁ、これで全て発表されたんだわ。
行ってみると発表された紙もすんなり見える。
・・・・・・・
・・・・・・・
番号はない。。。。
休日の朝から頑張ったのに、残念ながらget出来ませんでした!!

普通に売られている日まで待ちます、ニンテンドーDS Lite。
  1. 2006/03/27(月) 21:30:36|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

小説「白夜行」。

「白夜行」読み終わりました。

結構分厚かったので読み終えるか心配でしたが、地道に読み続けました。
ドラマと並行して読んだので、「あっ、ここはドラマと違う。」とかドラマの内容に肉付けする感じで読みました。
でもドラマは主役二人にスポットを当てて話は進みますが、小説は二人にスポットはあまり当たりません。淡々と事件が起きていき、その背景に見え隠れするのが亮司と雪穂ってなわけです。そして二人の関連性もあまり出てきません。ドラマのようにドラマチックには描かれていません。
小説のラストはなんだか呆気なく、「あらっ、終わり?」って感じでしたが、ドラマの方ではこのラストに何かくっつくとの事なので、どんな終わり方をするのか楽しみです。
  1. 2006/03/04(土) 00:37:54|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ

nana

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。